バイナリーオプションの現状

今や定番の投資法となったバイナリーオプション。
元々バイナリーオプションは海外で人気が爆発し、その形式で国内に輸入されたのは2009年に遡ります。
当初は目新しさのせいかなかなか浸透せず、メディアが取り上げ始めたのが2011年と多少の時間がかかったのは否めません。
しかし、このメディア進出からはあっという間に浸透。
日本でも業者が増え、その勢いは留まることを知りませんでした。

人気のあまり、2013年にはギャンブル性が高いと国内規制が入ったほどです。
この規制がバイナリーオプションの運命の分かれ道。
国内のバイナリーオプション業者は大打撃を受けてしまいます。

今まで国内業者でバイナリーオプションを楽しんできた方達は、やむを得ず海外業者を利用し始めます。
なぜ海外業者かと言うと、この規制は国内のみなので海外では取り締まることができないからです。
国内で海外業者を利用すれば、何の違法でもないわけです。

海外業者はこの状況を把握し、日本語対応(早い業者は世界対応)のシステムを作っていきます。
当初は不都合も生じましたが、今となっては国内業者のも見分けもつかないほど。

バイナリーオプションは現状大きく分けて2種類の業者が存在します。
それが国内業者と海外業者であり、この一連の流れが今のバイナリーオプション事情を作り上げました。

バイナリーオプションの本当の勝率