ローソク足の見方

テクニカル分析で活躍するチャート指標。
このチャート指標が無ければ何の予測もできません。

チャート指標とは、為替変動をグラフ状でわかりやすく表したものです。
実際に見ればわかると思いますが、チャート指標は青、赤の長方形が羅列しているのはおわかりでしょうか。
この青と赤の長方形上のものを、「ローソク足」と言います。
単純にローソクのような形状をしているからです。
このローソク足の見方についてお話させてください。

まず最初に、「始値(はじめね)」というものがあります。
始値は為替相場で取引が開始された後、一番始めに確定した価格のことです。
そして始まりがあれば終わりもあるので、「終値(おわりね)」も存在します。
これはその日の取引終了時点の価格のことです。

そして「高値(たかね)」。
これは取引中についた最も高い価格のこと。
そして逆の「安値(やすね)」も存在し、文字通り取引中についた最も低い価格のことを指します。

これらの4つの言葉を集約している図表がローソク足になります。
ローソク足単体で見て予測する投資家もいれば、羅列している流れを見て予測をする投資家もいます。
聞きなれない言葉で少し戸惑うかもしれませんが、投資をやるために絶対に覚えなければいけないことではありません。
あくまでローソク足の意味を書いただけなので、気張らずにチャート指標を照らし合わせてみてください。

最もかんたんな初心者向けの予測方法勝率を上げるテクニカル分析